カモンドレスデン

ボロボロOLが綴る好きなものと日常の話

平野紗季子さん

 

 

突然ですが、平野紗季子さんが大っっっっ好きです。

 

f:id:sa-sami:20180531230527p:plain

平野紗季子(ひらの・さきこ)

1991年福岡県生まれ。小学生から食日記をつけ続ける生粋のごはん狂。学生時代に日常の食にまつわる発見と感動を綴ったブログが話題になり文筆活動をスタート。著書に『生まれた時からアルデンテ』(平凡社)がある。底辺料理記の険しさとはうってかわって享楽的な外食写真が連なるinstagramはこちら。@sakikohirano

Instagram @sakikohirano

Twitter @sakichoon

(平野さんのネット連載「底辺料理記」のプロフィールを引用)

 

ッッッッ…グッッッ…かわいい………

 

大学時代に、友人から「この人の文章おもしろいよー!」と教えてもらって

平野紗季子さんのブログを読み始めたのが出会い。

ブログをまとめた本も出版されています。

 

生まれた時からアルデンテ

生まれた時からアルデンテ

 

 とにかく食が好きで、小学生の頃から食日記をつけていたという平野さん。

本の冒頭には、実際の食日記が載っています。

小学生の時点でこれを書いていて、現在まで記録を続けているという時点で、

なんていうかもう、並々ならぬ本物の愛と情熱を感じる。

あと狂気も。(めっちゃ褒めています)

余談ですが、私は平野さんとゴリゴリの同世代なので、

手書き食日記の文字や記号の使い方(例えば「行こー」を「行こ→」って書いたりとか、昔のドコモのケータイの絵文字っぽい笑顔マーク書いてあったりとか)を見て、懐かしさの嵐に襲われた。

 

文章にとても引き込まれる。着眼点と言葉の選び方がすごい。面白い。

愛と持って生まれたセンスだけでなく、食への知識もものすごいんだろうなあという感じがする。

実際、食にまつわるさまざまな文献に目を通されているみたいだし。

食に関して様々な側面・角度・ときにはぶっ飛んだ発想で語られているけど、文章自体は無駄がなくて洗練されている印象。それでいてこちらの想像力をざわざわざわ~~っと掻き立てる。

 

食に対しておいしい/おいしくないという判断軸しか持っていない自分はなんてつまらない人間なんだろうと思えてくる。人生損してる。

好きな記事はいっぱいあるんですが,私は「戦争を始めるフルーツサンド」が特に好き。

詳細は本で読んでいただきたいのですが、この「フルーツサンドが戦争を始める」って発想、震える。

私はそれまでフルーツサンドに対して全く特別な感情を持ったことはなかったしその存在を意識したこともなかったのだけど、この記事を初めて読んだ日からフルーツサンドの存在が脳内で突然大きくなってしまって 、フルーツサンドを食べるためだけに遠出したり、コンビニでフルーツサンドが並んでいたらたとえ価格が隣に並んでいるたまごサンドの2倍であっても迷わず手に取るようになった。

フルーツサンドを意識するようになる以前と以後では、以後のほうがちょっとだけ人生豊かになった気がするしね。ちょっとだけ。

 

あと、「申し訳程度に出てきたランチサラダ」という記事には声を出して笑った。

今では、微妙なカフェでしょっぼいサラダで出てきたらちょっと苦笑しつつ楽しい気持ちにすらなってしまう。

 

写真も素敵なものばかりで、マカロンつぶす写真とか牛乳を夜空に撒いてる(?)写真とか

あとあと平野さんのツイッターのアイコンになってる食パン に顔をうずめてる写真も大好き!

f:id:sa-sami:20180601222935p:plain

 

それと、本に載ってる珈琲専門店エースの記事に感化されて東京旅行に行ったときにのりトースト食べに行ったりした。(これがほんとおいしくて、絶対にまた食べたい)

 

 あとあと、先日ポパイの別冊付録で平野さん編集の東京のお店ガイドがついていて、これも大変おもしろかった~~~東京旅行行ってこれを片手に掲載されているお店を巡るのが2018年の目標のひとつです。

ショップカードが載ってるページが素敵で、私もきちんとファイルとかして集めようかなという気持ちになったりしている。 

 

 

 こちらのページに平野さんの解説がのっていました。

 

編集長・平野紗季子が解説。『POPEYE』の“味な付録”『二〇一八年の東京 味な店』はこうして生まれた | SHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERS(SPBS)

 

これ平野さんの持ち込み企画から始まったのか…!なんたる行動力と熱量…!

掲載内容に関してはもちろん、冊子のサイズや広告、単著ではなくあくまでも雑誌の付録で実現するというこだわり。

制作の大変さはきっと私の想像以上だったと思いますが、この解説を読んで、平野さんの並々ならぬ情熱が伝わってきて、さらに私はこの冊子を愛おしく思うのでした…。

 

少し前に「セブンルール」という番組で平野さんが特集されていたのですが、

それも本当によかった…。私は録画して30回くらいは見ました。

見過ぎて、平野さんがどの場面ででどの発言するか覚えたわ。

2月6日(火) | セブンルール | プログラム | 関西テレビ放送 カンテレ

 

こんなこと書くとオイ顔ファン…と思われそうですが、

私平野さんの見た目も大大大好きなんですよ。めっちゃくちゃかわいい。美しい。

ずっと見ていたい。羨ましい。

来世もし誰かに生まれ変われるなら、私は絶対に平野さんに生まれ変わりたい。

お洋服もいつもかわいい。

 

セブンルールでもちらっとスタジオ勢が発言してましたが、こんなにかわいかったら別方向に振り切れてしまってもおかしくなさそうだけれど(実際、顔のかわいい読モとかで、何かが好きというアピールをしながら明らかに自分を売ろうとしている意図があまりにも透けて見える人はたくさんいるし)、

平野さんは全身から食文化への愛が溢れ出ていて、この人本気で活動している本物だというのが問答無用でこちら側に伝わってくる。

大手広告代理店に勤めながら活動しているというのもすごすぎるよ…。同世代として、その姿にとても元気づけられる。

 

平野さんに出会って、食文化に対する新たな価値観(おいしい/おいしくないだけでない)を教えてもらえって、食を様々な側面から楽しめるようになり、豊かな気持ちが芽生えました。ありがたい…!

 

つらつらとまとまりなく書いてしまいましたが、

大好きで大尊敬する平野紗季子さんをこれからも追いかけていきたいと思います。