日記

好きなものと日常

近況20180917

あっという間に9月になってしまった。

転職して約1ヶ月半、職場が合わな過ぎて即退職!なんてことにはとりあえずならず、一安心しているところです。

新しい職場・新しい職種で当たり前ながら前の職場とは勝手が違うことばかりだけど、転職したおかげで労働環境が前に比べたらスーパークリーンホワイトになりました。

まあまだ私にできる仕事が少なくて業務が試運転だからかもしれないけど…。

 

しかしながら毎日がものすごい勢いで過ぎていくので、無理やりにでもやりたいことをやっていかないと…と思う日々です。とりあえずぽろぽろと近況とかハマってるものを書き残す。

 

 ■腐女子のつづ井さん

 

腐女子のつづ井さん (コミックエッセイ)
 

 つづ井さん大好き!!!

完結後に初めてちゃんと読んだクチですが、面白すぎてものすごいハイペースで読み返してる!

私は腐女子ではないけれど、いわゆる“推し”がいる生活の素晴らしさがここに詰まっている!愉快な友人たちとあの手この手で推しを推すつづ井さんの生活が最高。

面白さと狂気が爆発していて、何回読んでもグッとくる。

推しの存在はどこまでも尊くてありがたいし、人が誰かのことを純粋に推している姿はすごく美しい…。(なので、他ジャンルのオタクの話を聞くのも大好き)

私もつづ井さんたちのように、創意工夫の精神を忘れずにあらゆる手法で推しのことを推していきたい。

 

 

■任意の夜n

任意の夜n - 出版ユカコ - BOOTH

人生で初めて同人誌を買ってみた。無知な人間なので、長いこと同人誌=すべてBLだと思い込んでいたんですけど、そうじゃないんですね。

これは簡単にいうと、仕事も年代も住んでいる場所もバラバラの人々がそれぞれの夜の過ごし方を語っている本。

私は社会に出てから、世の中には自分の知らない仕事がたくさんあるのだなと改めて知って、とにかくいろんな人の仕事の話を聞いてみたいといつも思っている。

あと、明日も仕事だーって思う憂鬱な(そうじゃない人も中にはいるかもしれないけど)夜をみんなどうやって過ごしているのだろう?という疑問も、就職したときからずっと抱えていた。なのでこの本はドンピシャだった。

いろんな仕事があって、それぞれに仕事の中のこだわりがあって、生活リズムも様々で、当たり前だけど世の中には本当にいろんな人がいてそれぞれ頑張ってるんだよなと思うと、それだけで少し救われる。

同じテーマで続編を出し続けてほしいくらい、ずっと読んでいられる本。

 

DDT大阪大会 

9月16日(日)すみのえ舞昆ホールで見てきた。スーパーシートが奇跡的に残ってたので、北側の一番前で見れました。

とにかく「生きてる!!!」って気持ちになれた。

私はただの会社員だけど、DDTのプロレスから学ぶことは本当に多い。

総選挙は、個人部門:MAOさん、ユニット部門:Moonlight Expressに投票した。

 

■歌

・RIVER(tofubeats

・動物的/人間的(OGRE YOU ASSHOLE)

フィッシュマンズ全般

・アルバム「Still Life」(アナログフィッシュ

とかを最近はよく聞いている。

昔に比べたら音楽をあまり聞かなくなってきているのでもうちょっと気合いを入れて聞いていきたい。音楽の趣味趣向も大学生の頃でストップしてるので、最近のやつもちゃんと聞いて更新したい。意識的に諸々を更新するよう心掛けないと、人間ってたぶん思ってるより簡単に思考が化石化してしまうんだろうな…。

 

■平野紗季子さん


#7 平野 紗季子 - ELLE WOMEN in SOCIETY 2018

テンションが上がらない朝に会社行く準備しながら見る平野紗季子さんの動画。

かわいいし頑張らねばという気持ちにもなるので皆様見てください。

 

 

■ラジオ

オードリーのANN、三四郎のANN、山里亮太さんの不毛な議論はずっと好きなんだけど、最近新たにハライチのターン!が面白いことに気付いて聞いている。

一人暮らしとラジオは相性が良すぎるな…。