日記

好きなものと日常

とりとめのない日記

とりとめのない日記

 

5/30

仕事。月曜日ってなんでこんなに辛いんだろう。

この頃、史上最強に仕事へのやる気が起こらなくて自分でも困っている。

やる気が出ない→1つ1つの仕事を捌くスピードが普段以上に遅くなる→仕事が溜まる→溜まった仕事のこと考えて憂鬱になってさらにやる気がなくなる のループだ。

平日仕事で土日は寝てばかりいるのもよくないのかもしれない。けど寝る以外に特別やりたいこともない。お金も無いし。

 

5/31

あまりのお金の無さに、「そうだ!懸賞に応募しまくって食べ物をたくさん手に入れたら食費が節約できるんじゃない?!」と、効率の悪いことを思いつく。

いつまで続くかわからないけど、自分なりの懸賞生活をスタートさせることに。

 

6/1

なんばの漫才劇場で行われるkento fukayaさんのあな喋というライブに吉住さんと寺田寛明さんがいらっしゃるということで、仕事をすべてぶん投げて定時ダッシュして観に行ってきた。

開演前に花月のほうにあるグッズショップを見ていたら、洗練されたデザインのかわいい芸人グッズがたくさんあった。心の中でかわいい~とテンション上がりながら一つ一つ見てたらライブの開演時間が近づいてきてしまったので、何も買わずに出た。霜降り明星のエコバッグ、かわいいし折りたためて便利そうだったから買えばよかった。

ライブはとっても面白くて楽しくて、良い時間だった。

コントをそれぞれ二本ずつとフリートークで約1時間のライブ。

吉住さんのコントを生で見ることが出来て嬉しかった。生で見るとさらに迫力がすごくて引き込まれた。つくづく不思議なんだけど、どうやったら思いつくんだろうあんな面白いコント。

吉住さんの単独ライブの配信チケット買おうかなあ。

寺田さんのマナーのネタも面白かったな~

舞台上で楽しそうに写真撮る3人が可愛くて癒された。

この日は仕事が特にうまくいかずくさくさしていたので、ライブの予定を入れていた自分のことを大天才だと思った。

帰りに宮田麺児のつけ麺を食べて帰った。心斎橋付近に来ると足が向く。

 

6/2

記憶まじでなし

 

6/3

私の日プS2の推し・笹岡秀旭くんが「出れんの!?サマソニ⁉2022」にエントリーしていることがわかり大興奮。今は投票期間とのことなので、毎日忘れずに投票しなくてはいけない。笹岡くんの歌がもっと多くの人に聞かれてほしい。

 

6/4

髪が限界を迎えていたので、2か月ぶりに美容室へ行った。

私は美容室で美容師の方と喋るのが苦手なので、必ず家から雑誌を持参して、施術中はもくもくと読んでいる。世の中の3割くらいの人は同じことをしていると思っていたけど、たまにその話をすると「家からわざわざ持って行ってまで雑誌読んでる人なんて聞いたことない!!」とか「やばいよそれ!!」とか言われるので、あまりポピュラーな行為では無いのかもしれない。

特に最近は、コロナ対策で大半の美容室が雑誌の提供をやめてしまったので、なおさら自分で持って行かないと延々と美容師さんと喋ることになってしまう。

いやまあ一応大人なんで喋れるんだけどさ、薄ーーーい会話したあとに襲ってくる疲れが辛いんだよな。あと過去に、喋るのに夢中になった美容師さんが完全に手元狂ってカットをミスって「あっ、やべっ」って言いだしたこととかあったから。

 

で、前日に本屋で買っておいたBRUTUSのドキュメンタリー特集(発行自体はおそらく去年)を読んだらこれがめちゃくちゃ面白くて、3時間半の長ったるい施術がすごく有意義な時間になった。

ドキュメンタリーはわりと好きなんだけど、内容によっては結構くらっちゃって寝込んでしまったりすることもあるので、見る作品をかなり選んでしまっている。

 

6/5

急に思い立ってチーズケーキを作った。しかし材料費だけで2000円弱になってしまい、なかなかの高い買い物だった。そして作りながら、自分が別にチーズケーキそこまで好きではないことを思い出した。出来は、普通。

昼寝をしたり、ネット見たり、たまった家事を片付けたりしていたらもう夜の9時を過ぎた。日記を書くことを習慣にしたいなと思い立ち(人生で何度目?)、今こうしてつらつらと文字を打っている。

閲覧用に作ったnoteのアカウントを動かしたい気持ちもあるが、はてなブログのことも気に入っているので、なんかどうにかしてうまく使い分けれないかな。

この日記20分くらいで書き上げたかったけど50分くらいかかってる。

なんかいろんなことがうまくいかないな。

今日はこのあとJO1のライブと思い出野郎Aチームのライブの申し込みをしたら、寝る。